Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ganhokennosusume.blog23.fc2.com/tb.php/1-2e3e6cd0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

がん保険 入っていないと損!?がん保険に加入しよう


いやな響きですよね。私の祖母もがんで亡くなりました。親戚や知り合いの多くにもガンで亡くなった方が多いです。
皆さんはがん保険について考えたことはありますか?いつ、何時に突然やってくる癌。がん保険は、がんになってしまった時、本当に私たちを助けてくれる保険です。もし加入をされていなかったり、加入を考えている方がいれば、よく検討をしていただければと思います。

日本では1980年以降に死因のトップを保ち続けているのがガンなのです。今後の予測では、2015年には2人に1人はがんで亡くなると考えられています。うーん・・・恐ろしいですね。こんな状況なので私達はいつがんにかかってしまってもおかしくないわけですから、万が一のときにも備えてがん保険に加入しておくのが必要なのかもしれません。がん保険の加入はいまや常識になりつつあります。

がん保険が日本に初めて登場したのが昭和49年、1974年です。外資系の保険会社アフラックが、未来のがん社会を予測して、がん保険の発売を開始しました。長い間、がん保険の販売は規制によって外資系の保険会社が独占をしていて、一時はアフラックが85パーセントの販売シェアを占めていたころもありました。しかしながら、2000年の規制緩和と共に、日本国内の保険会社みんなが、ガン保険マーケットに乗り出してきました。

現在、がん保険は保険業界のメイン商品になっています。取り扱う保険会社がたくさん増えたので、がん保険の優遇化が進みました。各社の販売競争の中、いろいろな個性を打ち出して、消費者にとって大変価値のある商品が販売されています。がん保険は、対象をガンに絞っているので、医療保険よりも保険料の軽減が見込めます。やはり、経費を安く抑えたいですよね。でも、もしガンと診断された場合には、大きな保障を受けられるようになっているのです。

いろいろと保険会社を調べて比較などをしてみましたが、これならガン保険に入らなきゃ損だなと思うほどに内容は充実しています。さて、私も年をとってきましたが、もしまだ若くて、働き盛りの人が、がん保険の必要性をいまいち感じることが出来なければ、そんな人こそがん保険の加入をよく考えてほしいなと思います。がんは突然やってきますし、予測もできません。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ganhokennosusume.blog23.fc2.com/tb.php/1-2e3e6cd0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。